沖縄県民の百年の労苦に報いる支援活動

沖縄県民の労苦

・明治以降の日本国への編入と差別
・沖縄戦での人的犠牲と生活経済環境の焦土化
・米国信託統治下の土地収用と犯罪の犠牲
・復帰後の米軍基地の負担の現状

◆昭和天皇陛下の沖縄県民に対する感謝の気持ちの継承◆

昭和天皇陛下は地上戦で多大な人的被害を出した沖縄に対しては、特別の気持ちをお持ちでした。
しかし、残念ながら生存中は沖縄への慰霊の旅は実現しませんでした。
その思いは、平成天皇陛下や皇室の皆様方に継承されています。

◆沖縄県民の労苦に報いる具体的な支援活動◆

沖縄県民の労苦は、何百兆円にも換算される多大なものである

労苦に報いる最善の行為は
①沖縄の人材を育成、
②沖縄の経済基盤を強固にする、

ことである。

世界に通用する沖縄人材育成

事業創生の起業家育成

起業家の育たない地域に未来はない
沖縄には産業がない、という言い方がされる。
しかし、産業がないのではなく、
ベンチャーの志をもった人材が育っていないだけである。

沖縄の精神的自立は経済的自立と表裏一体の関係である。
大雇用の産業を創出する前提として、一日も早い起業家の育成が望まれている。

雇用の拡大と所得倍増のための一大経済事業の確立

・今回のプロジェクトは、沖縄県民の雇用拡大と所得倍増のための
「産業をつくる」という方向性で、あらゆる可能性にチャレンジしていく。
・チャレンジは、今より良い未来を確信して第一歩を踏み出すことである。
チャレンジは夢であり目標である。
だからこそ、壮大で大いなるロマンを感じさせるものでなければならない